バルトレックス
ゾビラックスの通販サイト

バルトレックスとゾビラックスの違い

バルトレックスとゾビラックスの違い

性病である性器ヘルペスなどに有効なバルトレックスゾビラックスですが、両方ともヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。同じ効果を期待できますが、このふたつには少し違いがあります。

ゾビラックスは、ヘルペスに対して非常に高い効果を発揮していましたが、唯一の欠点が、1日5回の服用しなくてはいけないという事でした。これは血中濃度を維持出来る時間が短い為ですが、もしも一度でも服用を忘れてしまうと、ヘルペスが悪化してしまうという事がありました。その欠点を補う形で開発されたのがバルトレックスです。プロドラッグと言いますが、薬に膜が張ってあり、患部に届くとそれが無くなる為、薬効成分が効率よく吸収されます。

改良されたのがバルトレックス

改良されたのがバルトレックス

ゾビラックスと全く同じ働きをする薬ですが、ヘルペスの場合は1日に2回だけ服用するだけで効果を得られるようになりました。バルトレックスの方が分解され難く、その分、ウイルスに対しての働きかけが良いと言われていて、最近は病院でも処方される事が多くなっています。勿論、効果の面ではゾビラックスもヘルペスには有効なので、飲み忘れなどがなければ同じような効果を期待できます。

ちなみに、ゾビラックスには内服薬だけではなく点滴や塗り薬もあります。外用薬なら外側からのアプローチが可能です。病気や服用薬などによって薬が飲めない方、副作用が強く出てしまう方、薬の服用が苦手な方、お子さんや高齢者の方は塗り薬などもお勧めです。また、ゾビラックスの方が安いというメリットもあり、安い方がいいという方はゾビラックスがお勧めです。

改良されたのがバルトレックス

ただし、今は両方の薬にもジェネリックがあります。こちらを検討されるのもいいかと思います。ジェネリックは通販で購入出来る為、病院に行く時間がなかったり、恥ずかしいという方も誰にも会わずに購入でき、手間もかからない為人気になっています。価格を見ながら、ご自分に合った薬を探しましょう。ヘルペスが再発し易い方は、是非常備薬として持っておきましょう。そして、症状が出た場合は、薬を服用して早めに治療するようにしましょう。

このページの先頭へ